生きる。撮る。

やさしい方々のおかげで待望のゼフィルスにもあえた

今朝、ゼフィルスを探すにはもう遅い時間になってしまった。
近くで撮られたというHPを見ていたので場所はわからないが近場の公園を探そうか?
それとも今まで何度もゼフィルスを撮っている遠くの公園に行くか?
ダメもとで遠くの公園に向かった。
電車を乗り継ぎバスを降りた。
何度も何度も行っているのにバス停を間違えてしまったようだ。
一つ手前で降りたと教えてもらって真っすぐ歩いていたがどうもおかしい。
高校生らしい女の子が自転車で通りかかったので教えてもらった。
(後で解ったのだが次のバス停は少し行って曲がって行くのだった)
公園の北口に行きたかったのだが彼女も1回しか行ったことがないそう。
自転車を降りて案内してくれた。急いでいるのではと恐縮したが大丈夫、
心配だからと付き合ってくれた。
見慣れた光景が見えてきたのでお礼を言ってお別れした。
もう11時をまわっていた。
広い自然のままの公園の中、何度かゼフィルスを撮った場所を重点的に
探してみた。やはりもう時間が遅すぎた。
おにぎりを食べてからあきらめて戻ることに。
と、カメラを持った男性が。鳥を探しておられる方だった。
蝶探していてと話していたらちょうど自転車の男性がこられた。
その方が蝶の先生だからと紹介していただいた。
今出ていたという場所教えていただいたが、一つはかなり急な坂だと・・・
お礼を言って向かった。するとすぐに男性と年配の女性の方が何やら撮っておられた。
何がいますかとお聞きしたらなんと目の前の枝にゼフィルスが。
その後男性の方がすぐ近くの場所で別の種類のゼフィルス2頭がいたからと案内してくださった。
よく見つけられたと感心しそしてその優しさに感謝する。
そしてやはり例の急な坂のところに必ず別のゼフィルスがいるからと励まされて向かった。
確かに急坂ではあったが私にでも登れる坂だった。
そこで別の2種類のゼフィルス撮れた。
もう1か所教えてもらったところも行ったがそこにはもういなかった。

ゼフィルスに出会えた幸せと何人もの方の温かい優しいお気持ちいただいた幸せ。
忘れられない体験となった。本当にこんな嬉しいことがあるなんて・・・・


長い長いお話にお付き合いありがとうございます。

ネットから引用させていただいて・・・

ゼフィルス ~ミドリシジミの仲間たち~

チョウの仲間、シジミチョウ科の中にゼフィルスという愛称で呼ばれるグループがいます。
日本には25種類が生息しており、全て年一回初夏から盛夏にかけて出現し、樹上をすみかとして卵で冬を越します。ゼフィルスとはラテン語で、ギリシャ神話に登場する西風の神様のこと。春と初夏のそよ風を運んでくる温和な神様といわれます。ここでは低地でも出会える代表的な6種・・・・


この6種のうちの4種、今日出会い撮れた。

まずはこちらから。

ウラナミアカシジミ
b0151409_21422292.jpg

ご覧いただきありがとうございます。



イイネありがとうございます。

↓にクリックしていただくと嬉しいです。



by fujituru22 | 2018-05-22 21:54 | | Comments(0)