生きる。撮る。

腸閉塞

昨夜あれから違和感を抱いたまま眠りについたが、痛みが来るので目を覚ました。
何時間かどうしようか耐えながら・・・
吐き気がしてきたのでもうダメだと遂に3時ごろだろうか救急車のお世話に。
病院では当初腸閉塞だからと看護士さんに病室の手配を医師が依頼。
CT,レントゲンを撮るが車イス移動。
結果、今までの2回に比べて一番軽いとか。
入院しないで家で様子を見るという選択肢が提示された。
胃は空っぽで管を刺してもだすものがないとか。
小腸に癒着部分があり腫れが見られるが自然に収まる場合もありで・・・
5時間して今より痛みが強くなったら入院ということ・・・
点滴して途中で吐き気が・・・歩くのもおぼつかないのでどうしようか迷う。
聞いてもらったが私次第だとか。
不安も大きかったが入院しなくてすむのは大きなチャンスでもある。
かけることにした。もう7時ごろで雨も降っていた。
タクシー会社に連絡しても配車できないと2社に断られる。
結局超多忙な息子の手を煩わすことに。渋滞で1時間以上かかってきてくれた。
何とか家に帰りついたがやはり痛みが・・・
吐いてしまった。吐き気もたびたび。
3時ごろには痛みが果断なく襲う。もうダメだと救急車お願いしようとした。
その時思わず、お母さん助けてと言っていた。
嘘のような本当の話。なんとピタッと吐き気が収まり痛みもひいた。
それから眠り今の時間もほとんど痛みがない。
母が助けてくれたのか奇跡が起きたのか・・・
治まればポカリスエットのみ今日はOKと言われていたので飲む。

そんなわけでパソコンの前に座っている。夢のようだ。
このまま今度こそ無事にいきますように。
b0151409_20351428.jpg

by fujituru22 | 2016-05-17 20:37 | 病気 | Trackback
トラックバックURL : http://fujiairand.exblog.jp/tb/25809134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。