生きる。撮る。

梅にメジロ 2

少し下の枝に降りてきて
b0151409_21201287.jpg


b0151409_21575710.jpg


b0151409_225872.jpg


b0151409_2202449.jpg


b0151409_2273877.jpg


b0151409_2275439.jpg


b0151409_2282432.jpg


連射で撮ってみようとボタンを探して、顔をあげたらあんなにいたメジロが消えていた
そしてこんな鳥が・・・・
b0151409_2284733.jpg

by fujituru22 | 2010-02-15 22:12 | 生き物 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://fujiairand.exblog.jp/tb/12847912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zashikiwarashi at 2010-02-16 06:11 x
庭に来る鳥の様子を観ていると、メジロはスズメやシジュウカラなど食べる餌が異なる鳥の場合は平然としていますが、ヒヨドリのように花の蜜や果物など共通したものを好む鳥の姿を見るなり、飛び去るか、近くの他の木に避難して、ヒヨドリの行動をじっと見ています。
いなくなると、又戻ってきて餌を食べています。

あの小さなメジロがきかん坊のヒヨドリにつつかれたら...想像するだけで恐ろしいです。
頭の部分の羽毛が角刈りみたいになってしまったメジロが来たこともあります。
生きていくために、食べるために、いろんな争いもあるのでしょうね。
Commented by falmouthME at 2010-02-16 06:52
白いふちに、グレーのまん丸い目玉。なんて、可愛らしいのでしょう。メジロ、メインにもいてくれたらいいのになあ〜。

最後の1枚、メジロに比べて、すごい大きいですね〜。こんなに大きな鳥が現れたら、一気にメジロは飛んでいきますよね。それにしても、この鳥、指がするどい!!この指で、こうやってしっかりと枝にとまっているんですね。幾度か、鳥の写真を撮っている私ですが、気づきませんでした。
Commented by zona14 at 2010-02-16 20:31
どんどん活発になって鳥の取材も大変ですね^^
falmouthmeさん山鳩平和にピジョンですよ^^かつての伝書鳩少年の目に狂いはありません^^顔をあげると雄雌も解るかも(笑)
Commented by fujituru22 at 2010-02-16 23:40
zashikiwarashiさん、こんばんは。
こんなに広い場所でも鳥たちは生きるために頑張っているのでしょう。
それにしてもこんなに多くの梅に恵まれて、休むことなく蜜を吸い続けるのには感心します。
Commented by fujituru22 at 2010-02-16 23:45
falmouthMEさん、こんばんは。
本当にメジロって小さいんですよね。
絵になる可愛さです。
メインにはいないなのでしょうか。少し暖かくなると現れたりして!
大きい鳥って他の方たちも言っていました。
メジロくん見慣れた目にはそう思えたのかな?

Commented by fujituru22 at 2010-02-16 23:52
zonaさん、こんばんは。
元伝書鳩少年の目は確かでしょう!!
もしかしたら鳩?と思っていましたが・・・山鳩なんですね。
ちょっと不気味でした。

メジロくんについて行くのはなかなか大変でした。
そんなにあわてて蜜吸わなくても…人間は勝手なこと言っています。

Commented by falmouthME at 2010-02-17 00:20
↑zona san, 鳩でしたか。首をくるりとまわしていたんですね〜。さすが伝書鳩少年!!笑。
私は、まるで、ターキーの足のようだと思っていたのですが。